OSJ安達太良山トレイルレース50K完走記(その2)

numaでございます。おばんです。


も~う、かゆくてかゆくて。
え?いきなりなんでしょう?


そうです。ブヨです。
レース後、脚をブヨに30カ所ぐらい食われました。
水疱ができてるし。かくと汁出て来て、よけいにかゆくなる。
むくんじゃって大変です。


お前、病院に行けよ!
って話しですが、
自然治癒力が一番です。
ブヨぐらいに負けてたまるか!
(年取ると、変な所に拘るんですね・・・あ~やだやだ)


はい、レースレポその2を始めます。
雨の中、スタートラインに並ぶ300人の変態達。

こんな人や~
画像


こんな人が~
画像


これから42kmの山道、泥にまみれてコケまくるというのに、
雨でびしょ濡れになるってのに、
な~に笑ってんだべない。
やっぱし、ちょっとどこか、何かが狂ってるのと違います?


な~んて事は、誰も思わないし、言いません。


ん?
思っても言いません(笑)。
一部、気付いている人がいたかもしれません(笑)


スタート後は、走ります。
しばらくして、ゲレンデを過ぎ、薬師岳への登山道に取り付くと、
延々とした上り。標高にして700m程度でしょうかね。
ただひたすら、黙々と登る。
ボクの頭の中には、RCサクセションの「スローバラード」がリフレインしてた。


♪カ~ラジオから~スローバラード♪
♪悪い予感のかけらもないさあ~♪


山ティーの仲間に「歌ってほしい」と言われたので、
山を登りながら歌った。
そして、気付いた。
何で皆、黙ってるんだ?
確かに、黙々と登るのもいい。
しかし、皆で歌って登るのもいいぞ。ボクは叫んだ。うたえ~!


薬師岳まで、ボクの周囲の人達は全員、忌野清志郎になっていた。


どうです?なかなか楽しそうでしょ?(笑)


(つづく)

(このペースだと、一体いつになったらレースレポが終わるのか不安だ・・・)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shigeru
2014年09月13日 09:03
そういえばRCサクセションの曲、安達太良山に行くときの早朝のラジオから流れていましたね。
numa
2014年09月13日 10:02
しげるさんへ
そそ、 そうです。
それ聞いたら、頭に残っちゃって。

この記事へのトラックバック